過払い金返還請求の注意点

もしも、これまで金融やカード会社などと借入の取引が履歴がある人は、過払い金を請求することによって、支払い過ぎた利息分のお金を戻ってくる可能性があります。特に取引履歴が長期にわたる人は、過去に金利を支払い過ぎていた可能性がありますから、早めに司法書士に相談してみた方がよいでしょう。


このような過払い金は、法的に請求することになるので、自分で司法書士に依頼することが必要になってきます。


自分で請求をすることはできますが、多くの実績を積んできる専門の司法書士に依頼した方がより安心であると言えるでしょう。



もし、この過払い金返還請求を依頼するには、いくつか注意点があります。

過払い金請求の様々な情報を掲載しています。

それは、時効が成立していないのかどうか、取引をしていた消費者金融やカード会社が倒産していないかどうかを確認しておく必要があります。

時効については、過払い金返還請求については、請求できるのは、借金を完済した翌日から10年間の期間となっていて、10年を経過してしまうと請求を行うことができないので注意が必要になってきます。

次に、消費者金融やカード会社が倒産している場合についてですが、もしも倒産していた場合は、過払い金が発生していたとしても返金請求はできないということになるので、請求をするのであれば、早めに請求を行うことが大事になってきます。
消費者金融やカード会社というのは、倒産することが多い業界ですから、特に注意が必要になってきます。

BIGLOBEニュース情報をまとめてチェックしよう。