過払いは意外に高額な事も

消費者金融は、29.2%の金利を採用していました。
その当時も、現在も、法で定められた金利の上限は20%ですが、この当時、出資法の29.2%までは、使っても罰則等は特にない状態となっていました。
この20%から29.2%までの、9.2%の金利は、問題はあるのに、罰則なく利用できる為、グレーゾーンと言われてきました。



現在は、このグレーゾーン金利は使えない状態となっており、消費者金融も法で定められた金利の範囲内で営業をしています。

47NEWS情報のお得な利用法をお教えします。

ただ、グレーゾーン金利が使えなくなった時点から、法で定められた金利以上の利息分が、過払い金として認められるようになり、返還請求を行えば、取り戻せる状態となりました。
9.2%分の利息といえば、ほんの僅かな金額ではないかと考えてしまう人も少なくないでしょう。

ですが、過払い金を確認してみると、100万円以上、払い過ぎた利息があったという人も多くいます。
中には、現在、返済中の借金を、取り戻した利息だけで完済出来てしまったという人もいます。

ですから、グレーゾーン金利が使われていた頃に借入がある人の中には、想像以上の払い過ぎた利息がある可能性があります。この過払い金に関する返還請求には時効があり、完済から10年を経過すると、請求をする事が出来なくなってしまいます。

ですから、過去に消費者金融を利用していたという場合、まずは弁護士に相談をしてみる事がお勧めです。
当時の資料がなくても、過払い金があるかどうかを確認する事が出来ます。

過払い金請求の情報検索をお役立てください。