過払い金返還の期限について

これまで消費者金融やカード会社などから、お金の借り入れを行っていて、長期にわたり取引を行っていた場合は、過払い金が発生している場合があります。

利息というのは上限が法律で定められていて、それを超えた金利については、たとえ支払ってしまったとしても、返金してもらうことができるということになっています。

数年前までは、この金利上限はグレーゾーンでもありましたから、ひょっとしたら金利を多く支払いすぎていた可能性があります。


もしも、これまでの取引履歴の中に過払い金が発生している可能性があると思ったら、一度法律事務所などに相談してみるとよいでしょう。
過払い金がある場合は、司法書士に依頼すれば、返還請求をして、消費者金融やカード会社などと交渉をしてくれます。

BIGLOBEニュース情報の失敗しない選び方を紹介します。

ただし、この過払い金の返還には10年という期限があるので注意が必要になってきます。10年が経過してしまうと効力が成立してしまうので、過払い金返還請求の権利が消滅してしまいます。

ですから、請求をする場合は、10年以内に行う必要があります。中には、昔に消費者金融やカード会社などから借金をしたことがあるという人は、もう一度確認してみるとよいかもしれません。

セゾンの過払い金情報サイトをご利用下さい。

10年以内であれば、まだ請求ができます。



また、たとえ10年以上も取引履歴がある場合についても、消費者金融やカード会社と取引が継続しているという認識となりますから、10年以上でも時効が成立するわけではなく、返金請求を行うことができます。