過払い金が返金されるまでの流れ

消費者金融やカード会社などでキャッシングを利用していて、借金がたくさん膨らんでしまった場合は、過払い金がないかどうかをチェックする必要があります。
もしも、過払い金がある場合は、その額が返金されることになるので、借金を減額することができます。この過払い金とは、利息上限を超えた金利分のお金であり、払いすぎた分は返金してもらうことができます。
しかし、返金を請求するためには、法的な手段で行う必要があります。

そこで、過払い金請求までの流れとしては、まず、法律事務所に電話やメールで相談をします。

最近気になったBIGLOBEニュース情報のことならお任せください。

相談自体は無料であることが多いので、費用を気にすることなく、借金がいくらあるのか、現金が戻る可能性があるのかを確認します。

過払い金がある場合は、直接法律事務所に生き、請求の依頼を行います。

ニコスの過払い情報はすぐに役立ちます。

依頼をしたら、司法書士が消費者金融との取引履歴をカード会社などから取り寄せて、法定金利に基づいた正確なお金を算出することになります。

お金が算出できたら、消費者金融やクレジットカード会社へ返金請求の交渉を行います。


司法書士は、債権者に対して、返金額の交渉や訴訟、和解契約の手続きを行います。後は、お金が返金されるのを待つことになります。
ただし、このような手続きが常にスムーズにいくとは限らず、債権者がなかなか和解契約に応じないケースなどもありますから、こういったケースを専門にしていたり、これまでの実績がある法律事務所に依頼するということが大事になってきます。